履歴書のウソはどこまで許されるのか?

2019年07月28日
知財お仕事ナビ編集部

e8f5101f083e44cb0974ddbaf19d314a_s

『…あれ、この方ってこんなキャリアだったっけ?』
長くご就業支援の仕事をさせていただいていると、何年も前にサポートさせていただいた方から再度のご相談を受けることが多々ありますが、たまに大きな「違和感」を感じることがあります。

どんなに時間が経っていても、一度腹を割ってしっかりと話をさせていただいた方のことは何となく覚えているもの。
喩え手元に当時お伺いした個人情報が一切無かったとしても、ご申告いだだく過去経歴が微妙に変わっていると、感覚で異変に気付いてしまいます。


転職時に少しでも自分をよく見せたいという気持ちが出てくるのは当然です。
しかし、これが社内の宴席であれば多少の見栄も笑って許されるかもしれませんが、選考時となれば全くの別物。
どんなに優秀な評価が得られていてもすぐに【選考見送り】【入社取り消し】などといった事態に陥ります。


たまに肝の座った方からは、「どうやったら経歴をうまく誤魔化せますか?」といったご相談を受けることもありますが、回答は唯一つ。


 誤魔化せません!!


正直なところ、我々も嘘つきと思われる方をサポートすることに戸惑いを感じてしまいます。
安易な判断は極力(というよりは絶対に)避けていただければと存じます。

そもそも、転職時にウソをつく際には、皆さん同じ様なパターンです。
慣れた人間から見れば、どこを詐称しているのか丸わかり。

よくある嘘のパターンをご紹介します。


 
■学歴
中退の方が卒業、と見栄をはるケースが大半。
卒業をされていない方でゼミや卒論の話を饒舌にできる方は稀有ですし、ここ数年はSNS経由でバレるケースも多いです。
さらに、中小企業や特許事務所でも入社時に卒業証明書が求められることは珍しくありませんので、内定が出てからアタフタしない様にしてください。

■資格
特にTOEICスコアを高めに書く方が多いです。
資格を必須要件にしているところは、証明書必須になることもあります。
受けてないなら正直にそう書くべきですし、資格が満たなければ選考通過しないと自覚するなら、応募自体を見合わせましょう。

■雇用形態
派遣社員・契約社員の経歴を正社員にする方がいます。
担当業務範囲を確認するまでもなく、業界全体の特性をみれば容易に想像がつきます。
非正規雇用であっても立派な職歴です。隠す方が不自然、堂々としましょう。

■給与
業界や企業、職位毎の平均給与は出回っていますから、盛っても殆ど意味がありません。
特に特許事務所の方は売上から概算給与を簡単に算出できます。
たまに直近の年収も多めに語る方がいますが、源泉徴収票があることをお忘れなく。

■転職回数
複数の就業先をひとつに纏めて転職が少ない様に見せるケース。
経歴詐称の中でダントツの人気ナンバーワンです。
何年も前のことであればなんとなく誤魔化せそうな感じがしてしまいますが、話しているときの雰囲気で容易くバレます。
あと、やりすぎるとどこをどう誤魔化したのか自分でもわからなくなるので
2次選考以降で、最初の選考と話している内容がズレ始める方もいます。


以上となります。


残念ながら「バレてるよ〜」と選考時に正直に教えてくれる親切な事業所は有りません。
ご自身のキャリアのためにも、ウソはやめましょうね。

急いで転職したい方

求人のご提案から、面接・内定まで徹底的にご支援します

無料 転職サポートに登録 3分で登録完了!
「無料転職サポート」は便利そうですが、一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。
お客さまにとってご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。
じっくり転職したい方

転職のプロがあなたにぴったりの求人をご紹介します

無料 キャリアコンサルタントに求人を紹介しもらう

あなたのご検討に役立つ幅広い選択肢をご提供します

無料 求人を自分でチェック!幅広い求人情報を受け取る

知財・弁理士お仕事ナビについて

知財・特許業界に専門特化して、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築し、圧倒的な求人・実績であなたの転職活動をサポートしている「Astamuse」が運営しております。業界規模が決して大きくない中でも、このサイトを通じて年間100名以上の転職が成功しています。大手特許事務所など幅広い求人が常時寄せられており、この業界を希望する若手エンジニアや、業界経験のあるミドル層のキャリアアップをお手伝いしております。

astamuse company