公開公報を見るポイント

2019年05月09日
知財お仕事ナビ編集部

tenshoku

特許事務所へ【弁理士・特許技術者】として転職を希望される方には、
応募検討先が扱っている特許の公開公報について
J-platpat を使って事前にご覧いただくことをお勧めしています。

 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

とはいえ、公開公報をご覧になることは、
これから業界を目指す方にとってなかなかハードルが高いことです。
そこで本コラムでは、膨大な情報を持つ公開公報の中から
転職時に何を見ていくべきなのか、基本的な流れをお伝えします。

※J-Platpatの使い方は奥が深いので、
 細かい操作については転職サポートチームまで直接お尋ねください。


【手順】
 ■検索条件を「代理人」として、特許事務所の出願検索を行う
   《検索キーワード》
    ‐ 特許業務法人の場合:事務所名
    ‐ そうでない場合:所長先生の個人名
     ※注意※
      ある程度期間を区切って検索しないとオーバーフローします。
      (検索オプションで、3年‐5年毎に分けると見やすくなります)

   → 担当している企業の大まかな傾向を見る
      ▶ ばらつき (業界の偏り)
      ▶ 規模(大手中心/ベンチャー中心)
      ▶ 年次の出願推移・変遷
      ▶ 興味が持てそうな技術を担当しているか

   → 気になる特許があれば、1件毎のページ数(分量)も見る
   → 外国出願の件数推移も見る

 ■検索条件を 「出願人/権利者/著者所属」 に変更し、企業名で再検索する
   → 該当企業は他にどんな特許事務所に出願を依頼しているのか見る
   → 出願量が年間で急に増えたり減ったりしていないか見る



勿論、特許事務所では特許出願以外にも
発明発掘支援/調査/鑑定/訴訟など様々な業務を行っていますので
これだけで全てのことがわかるわけではないです。

しかし、事務所のホームページを見るだけでは見えてこない、
 【事務所の強み】 【事務所の未来(戦略)】
といったものが、公開公報から一部垣間見えることも事実です。

 ・もっと詳しいことが知りたい
 ・公開公報から見えないことも知りたい

という方は、転職サポートチームまで遠慮なくご相談くださいね。

急いで転職したい方

求人のご提案から、面接・内定まで徹底的にご支援します

無料 転職サポートに登録 3分で登録完了!
「無料転職サポート」は便利そうですが、一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。
お客さまにとってご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。
じっくり転職したい方

転職のプロがあなたにぴったりの求人をご紹介します

無料 キャリアコンサルタントに求人を紹介しもらう

あなたのご検討に役立つ幅広い選択肢をご提供します

無料 求人を自分でチェック!幅広い求人情報を受け取る

知財・弁理士お仕事ナビについて

知財・特許業界に専門特化して、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築し、圧倒的な求人・実績であなたの転職活動をサポートしている「Astamuse」が運営しております。業界規模が決して大きくない中でも、このサイトを通じて年間100名以上の転職が成功しています。大手特許事務所など幅広い求人が常時寄せられており、この業界を希望する若手エンジニアや、業界経験のあるミドル層のキャリアアップをお手伝いしております。

astamuse company