知財・弁理士お仕事ナビ職種解説

サーチャ(調査員) 〜敵を知り己を知れば百戦危うからず〜

特許は出願しても既に同じような発明が出願されている場合は権利にはなりません。企業が1件の特許を出願する際にはコストもかかりますので、出願前に似たような発明が既に出願されていないか調査をする必要があります。
また、自社で新しい製品を開発し、販売する上でも特許調査は必要となります。既に他人が出願し権利になっている特許を実施すると侵害となってしまうからです。
更に、ライバル会社で出している特許に無効がないかを調べる調査もあります。
サーチャー(調査職)は上記業務を行うプロフェッショナルで、特許の出願段階では勿論、権利化後においても重要な役割を担っております。

具体的な仕事

特許調査は大きく以下の2つに分けることが出来ます。

・特許出願のために行う調査
・他人の権利の侵害に該当するかの調査

必要スキル

専門知識

特許調査は主に特許庁の電子図書館にて公開されている公開公報を元に行います。調査対象となる技術は多岐に渡りますので、それぞれの分野についての専門知識は必須となります。また日本国内の文献のみならず、海外の文献も調査範囲となるケースもありますので、語学力が必要な場合もあります。

知的財産業務関連の職種解説

転職成功者の声

文系出身、弁理士試験合格後のキャリアの築き方 (30代・男性)

転職を決意した理由を教えてください 以前の特許事務所は受注に選り好みするところがあり、疑問を感じていました。 また、色々な経験をひとつでも多く積み重ねたかったことと、ひとつの技術分野(クライアント)だけでな...続きを読む

知財業界に転職しようと思った3つの理由 (30代・男性)

転職を決意した理由を教えてください 口述試験が終わりひと通りの目処が立ったので、実務を習得できる特許事務所に絞っていこうと決意しました。 転職成功の秘訣を教えてください 社会に出てから何をしてきたか...続きを読む

毎日充実して楽しく元気に仕事してます! (40代・女性)

転職を決意した理由を教えてください 以前特許業界にいたのですが、別分野で日本語や英語を使った仕事をしたくて、一旦特許業界を離れました。 しかしながら、専門性の高い知財という分野に触れることで、自分もチャレン...続きを読む

一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。ご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。

知的お仕事ナビの強み

  • 書類通過率は「80%」業界の採用ニーズを熟知した「知財お仕事ナビ」しか、この通過率は実現できません。
  • 所長・部長との人脈力特許事務所TOP100のうち、87事務所に転職サポート実績あり!知財・特許分野で幅広いサービスを提供しているからこそ、豊富な人脈・実績があります。
  • キャリアサポート力ご多忙の方や転職でお悩みの方については「特許事務所・企業知財部業界に特化したプロ」が徹底対応。
急いで転職したい方

求人のご提案から、面接・内定まで徹底的にご支援します

無料 転職サポートに登録 3分で登録完了!
「無料転職サポート」は便利そうですが、一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。
お客さまにとってご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。
じっくり転職したい方

転職のプロがあなたにぴったりの求人をご紹介します

無料 キャリアコンサルタントに求人を紹介しもらう

あなたのご検討に役立つ幅広い選択肢をご提供します

無料 求人を自分でチェック!幅広い求人情報を受け取る

知財お仕事ナビについて

知財・特許業界に専門特化して、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築し、圧倒的な求人・実績であなたの転職活動をサポートしている「Astamuse」が運営しております。業界規模が決して大きくない中でも、このサイトを通じて年間100名以上の転職が成功しています。大手特許事務所など幅広い求人が常時寄せられており、この業界を希望する若手エンジニアや、業界経験のあるミドル層のキャリアアップをお手伝いしております。