Q4-8 特許事務所、部署間の異動は可能ですか?

所内で異動希望を出したものの・・・

「国内案件に長く携わってきたが、英語スキルを磨くため、海外案件にも関わりたい。」「中間処理に特化してきたが、一から明細書を書いた方がやりがいがありそうだ。」・・・こうした希望が、事務所勤めの方であれば少なくないかと思います。ただ一般に、こうした分業体制を採っている大規模事務所では、部署異動の希望が通らないことも多いようです。

部署間の異動が難しい理由

事務所を経営する側に立って考えてみましょう。特許事務所のように専門的な業務=知識集約型の業務形態では、人件費が経費の大半を占めますね。そのため、所員には経験済みの業務範囲を確実にこなしてもらい、新たにかかる教育コストは抑えたいと思うのも仕方ありません。こうした理由から、所内異動はなかなか受け入れ難いため、実際に部署間の異動を円滑に進めている大規模事務所は、それだけの理念を貫いて制度を維持している、素晴らしい事務所であると言えます。

所員の成長の早い、小規模事務所

一方で、中小規模の事務所の場合、少ない所員で舞い込む全ての業務に対応せねばなりませんから、幅広い業務経験を積む必要があります。この場合、半ば必要に迫られての場合もありますが、部署間の異動は比較的スムーズです。近年、クライアント側はワンストップで幅広いサービスを提供するよう求めている傾向にありますので、ゆくゆくは中小規模の事務所で鍛練を積まれた方が、業界の求める人物像になっていくかも知れません。

現在の部署でスペシャリストとしてスキルを磨くべきか、部署異動・転職によって幅広い業務にあたるチャンスを掴むべきか、これに関しては、個人の適性に依る部分も多いかと思いますので、弊社、無料転職サポートまでご相談下さいませ。


【知的業界Q&A】知財業界の待遇環境

知的財産業務関連の職種解説

よくある失敗と対策

知財・特許業界に専門特化し、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築している「知財お仕事ナビ」が、豊富な経験をもとに失敗しないためのポイントをお伝えします。

一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。ご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。

知的お仕事ナビの強み

  • 書類通過率は「80%」業界の採用ニーズを熟知した「知財お仕事ナビ」しか、この通過率は実現できません。
  • 所長・部長との人脈力特許事務所TOP100のうち、87事務所に転職サポート実績あり!知財・特許分野で幅広いサービスを提供しているからこそ、豊富な人脈・実績があります。
  • キャリアサポート力ご多忙の方や転職でお悩みの方については「特許事務所・企業知財部業界に特化したプロ」が徹底対応。
急いで転職したい方

求人のご提案から、面接・内定まで徹底的にご支援します

無料 転職サポートに登録 3分で登録完了!
「無料転職サポート」は便利そうですが、一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。
お客さまにとってご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。
じっくり転職したい方

転職のプロがあなたにぴったりの求人をご紹介します

無料 キャリアコンサルタントに求人を紹介しもらう

あなたのご検討に役立つ幅広い選択肢をご提供します

無料 求人を自分でチェック!幅広い求人情報を受け取る

知財お仕事ナビについて

知財・特許業界に専門特化して、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築し、圧倒的な求人・実績であなたの転職活動をサポートしている「Astamuse」が運営しております。業界規模が決して大きくない中でも、このサイトを通じて年間100名以上の転職が成功しています。大手特許事務所など幅広い求人が常時寄せられており、この業界を希望する若手エンジニアや、業界経験のあるミドル層のキャリアアップをお手伝いしております。