Q3-1 弁理士資格の実情とは?

弁理士試験は入学試験でない

「知財と言えば弁理士」
知財業界に携わるなら、まず弁理士資格を取得すべきと考え、弁理士試験の準備に余念のない方が多いことと思います。

しかし、キャリアプランを明確にせずに、弁理士資格取得に奔走するのは少々危険です。業界の門扉が司法試験で一元化されてきた弁護士に対し、知財業界に入るのに、弁理士資格は絶対必要ではないためです。
 
実際に、特許事務所で実務経験を積み、その上で弁理士資格を取得して、キャリアアップを図った方が、多くご活躍されています。弁理士資格を持っていても、現時点で厚遇される知財部は少ないため、特許事務所の実務に早くから習熟しておくことは、弁理士として生きていく上で、大変重要なことと感じます。

弁理士資格は業界入門のための試験でなく、事務所経営・訴訟代理など、更なる高みを目指すための試験、こうした考えを持たれた上で、資格と実務をバランスして、キャリアプランを考えて頂きたく思います。また、弁理士資格を取得された方は、一刻も早く実務に就くことをお勧め致します。その際は、弊社、無料転職サポートもご活用下さいませ。

弁理士試験のこぼれ話

補足として、実務経験ある弁理士が評価される中、近年は学生の合格率が随分と高い傾向にあります。これは弁理士資格が実務に直結した資格ではなく、あくまで知識量を試す試験であることに起因する様です。知識の吸収量を比べれば、学生が優位なのも当然でしょうか。

こうした実情を踏まえ、知財検定という実務に即した試験によって、業界における能力評価を標準化していこうとする動きがありますが、こちらは特許事務所において評価されていると言えず、あくまで、企業知財部向けの資格であることに留意して頂きたいと思います。

【知的業界Q&A】知財業界における資格技術

知的財産業務関連の職種解説

よくある失敗と対策

知財・特許業界に専門特化し、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築している「知財お仕事ナビ」が、豊富な経験をもとに失敗しないためのポイントをお伝えします。

一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。ご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。

知的お仕事ナビの強み

  • 書類通過率は「80%」業界の採用ニーズを熟知した「知財お仕事ナビ」しか、この通過率は実現できません。
  • 所長・部長との人脈力特許事務所TOP100のうち、87事務所に転職サポート実績あり!知財・特許分野で幅広いサービスを提供しているからこそ、豊富な人脈・実績があります。
  • キャリアサポート力ご多忙の方や転職でお悩みの方については「特許事務所・企業知財部業界に特化したプロ」が徹底対応。
急いで転職したい方

求人のご提案から、面接・内定まで徹底的にご支援します

無料 転職サポートに登録 3分で登録完了!
「無料転職サポート」は便利そうですが、一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。
お客さまにとってご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。
じっくり転職したい方

転職のプロがあなたにぴったりの求人をご紹介します

無料 キャリアコンサルタントに求人を紹介しもらう

あなたのご検討に役立つ幅広い選択肢をご提供します

無料 求人を自分でチェック!幅広い求人情報を受け取る

知財お仕事ナビについて

知財・特許業界に専門特化して、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築し、圧倒的な求人・実績であなたの転職活動をサポートしている「Astamuse」が運営しております。業界規模が決して大きくない中でも、このサイトを通じて年間100名以上の転職が成功しています。大手特許事務所など幅広い求人が常時寄せられており、この業界を希望する若手エンジニアや、業界経験のあるミドル層のキャリアアップをお手伝いしております。