Q1-3 特許技術者とは何ですか?

特許技術者と弁理士資格

特許を取得(権利化)する際、特許庁より定められた出願書類を揃える必要がありますが、この中で「明細書」と呼ばれる、特許技術の詳細を解説する書類は、技術に関する深い理解に加え、特許法及び特許庁審査基準に精通する必要があり、大変な専門性が要求される業務です。

「特許技術者」とは、この明細書を書く仕事であり、特許事務所は、弁理士及び特許技術者が専門的に働く職場のことです。尚、弁理士と特許技術者の違いは「弁理士資格の有無」であり、日々の業務は取引先メーカーの明細書を書くなど、一部の専権業務を除いて、ほとんど変わりありません。将来、侵害訴訟に関わりたい、事務所を経営したいという方には、弁理士資格の取得をお勧め致します。

バイオ系は、特許技術者になるのが大変?

特許技術者になるために、特許事務所への転職を考えられた場合、まず重要なのは現職での技術分野です。

一般的には、特許出願が多い分野ほど、明細書作成という仕事が増えるため、特許が細分化している、半導体(電気)・機械分野には多くの求人があります。知財お仕事ナビは、全国ほとんどの特許事務所と契約しておりますので、漏れのない求人案件のご紹介が可能です。

一方、バイオ分野は1つ1つの特許の範囲が広いため、出願の数が少なく、求人案件はそう多くありません。選考も厳しい状況が予測されますが、近年は、2分野以上の明細書を書ける人材が求められており、化学+バイオなど、別の技術分野から仕事を始めてバイオ案件にも携わる、といったキャリアプランはありえます。

高齢の方は、やはり難しい面が・・・

また、転職の際には年齢も大きく関係して参ります。明細書作成は、技術職の経験の延長上で務まる業務ではなく、上述のような高度の専門性が要求される仕事であり、一から教育を受ける必要があるためです。高齢の方で転職を考えられている場合には、今までの積み重ねが直接活かされる仕事ではない、ということを認識して頂きたいと思います。


【知的業界Q&A】知財に関わる職業の業務内容

知的財産業務関連の職種解説

よくある失敗と対策

知財・特許業界に専門特化し、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築している「知財お仕事ナビ」が、豊富な経験をもとに失敗しないためのポイントをお伝えします。

一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。ご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。

知的お仕事ナビの強み

  • 書類通過率は「80%」業界の採用ニーズを熟知した「知財お仕事ナビ」しか、この通過率は実現できません。
  • 所長・部長との人脈力特許事務所TOP100のうち、87事務所に転職サポート実績あり!知財・特許分野で幅広いサービスを提供しているからこそ、豊富な人脈・実績があります。
  • キャリアサポート力ご多忙の方や転職でお悩みの方については「特許事務所・企業知財部業界に特化したプロ」が徹底対応。
急いで転職したい方

求人のご提案から、面接・内定まで徹底的にご支援します

無料 転職サポートに登録 3分で登録完了!
「無料転職サポート」は便利そうですが、一方的に連絡があったり、本意ではない転職を無理強いされたりしないか不安です。
お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。
お客さまにとってご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。
じっくり転職したい方

転職のプロがあなたにぴったりの求人をご紹介します

無料 キャリアコンサルタントに求人を紹介しもらう

あなたのご検討に役立つ幅広い選択肢をご提供します

無料 求人を自分でチェック!幅広い求人情報を受け取る

知財お仕事ナビについて

知財・特許業界に専門特化して、数多くの所長・知財部長クラスの方々と信頼関係を構築し、圧倒的な求人・実績であなたの転職活動をサポートしている「Astamuse」が運営しております。業界規模が決して大きくない中でも、このサイトを通じて年間100名以上の転職が成功しています。大手特許事務所など幅広い求人が常時寄せられており、この業界を希望する若手エンジニアや、業界経験のあるミドル層のキャリアアップをお手伝いしております。